もっともっと!住みやすい賃貸探し

SERCH
NAVIGATION

新婚夫婦の賃貸の選び方

恋人と結婚をして、一緒に新婚生活を始めるときは、とても楽しみですが、費用もかかります。特に今まで実家暮らしだった人は、結婚をするまでに必要な費用はためておくようにしましょう。まず、賃貸マンションの住居費がかかります。二人で暮らすので、一人暮らし用の1Rや、1Kなどの狭い間取りではなく、2DK以上の間取りを選んだほうがいいです。そして、2人の収入の20パーセントくらいに押さえておいたほうがいいです。

結婚後にすぐに子供を望んでいる人は、子供が生まれた場合のことも考えておいたほうがいいです。子供が生まれてもその家で住み続けるのか、それとも住み替えるのかということも大事です。子供が生まれるまでは、節約のために狭い間取りの安い家賃の賃貸に住み、子供が生まれたら、マンションや一軒家の購入を考えている人もいます。出産時には、女性が働くことができない期間があるので共働きの場合は、収入が減るので、そのことについても考えて物件を探したほうがいいです。物件を決めたら、家電や、家具などを購入しなければいけません。一人暮らし用の家電は、小さい物が多いので、二人で暮らす時に新しいものを購入したほうがいいかもしれません。住居にかかる費用は敷金礼金や、引越し費用などで30万円くらいはかかります。そして、家電や、家具などを全て揃えると、さらに何十万円もかかるので、新婚生活の初期費用として、100万円くらいは用意しておいたほうがいいです。
Copyright (C)2017 もっともっと!住みやすい賃貸探し All Rights Reserved.